1恋する名無しさん2018/01/27(土) 14:41:56.91
故事・ことわざ・その他
調べたことを書いていきましょう
役に立つかも?
140恋する名無しさん2019/04/17(水) 13:51:13.52
<ギフテッドの6分野>

1知性


2創造性


3芸術性


4リーダーシップ


5特定の学問


6運動能力

引用:「アメリカ ギフテッド教育最先端に学ぶ 才能の見つけ方 天才の育て方」石角友愛/ 文藝春秋(2016//6/30)


141恋する名無しさん2019/04/17(水) 13:55:23.51
1知性
・抽象的概念を理解する
・複雑な方法で情報を処理する
・観察力が鋭い
・新しいアイディアに興奮する
・仮説をたてるのを楽しむ
・学ぶのが早い
・語彙が豊富
・なんでも知りたがる
・物事を自発的に始められる

2創造性
・一人で物事を考えられる
・口語及び文章で、独自の意見を披露できる
・与えられた課題に対して複数の解決策を打ち出す
・ユーモアのセンスがある
・ものを作り、発明する
・クリエイティブな課題に対して興奮する
・即興で問題に対処できる
・他者と違うことを気にしない

3芸術性
・空間把握能力に非常に長ける
・ダンス、演劇、音楽などで自己を表現する能力が非常に高い
・バランスのとれた感覚
・クリエイティブな表現力
・独自の作品をつくることにこだわる
・優れた観察力

4リーダーシップ
・責任を理解する
・自分と他人に対して厳しい
・流暢で明確な自己表現能力
・物事の選択に対しての結果や意味合いを予知する
・決断力がある
・組織、チームが好き
・仲間に好かれる
・自分に自信がある
・整理整頓能力がある

5特定の学問
・優れた記憶力
・発達した理解力
・基礎的な知識を素早く習得する
・特定の興味のある分野での優れた学業の功績
・情熱と根気を持ち、特定分野で邁進する

6運動能力 
・難しいアスレチックなどの技などに興奮する
・運動における正確性、緻密性がある
・様々な体育の活動を楽しむ
・優れた運動神経
・優れた操作能力
・高いエネルギーレベル
142恋する名無しさん2019/04/17(水) 14:11:36.19
大人のギフテッドが持つ特徴とは

子供のギフテッドについての例を挙げてきましたが、もちろん大人の世界にもギフテッドは存在します。しかし、ギフテッドに対しての情報があまりなかった日本では自分がギフテッドであることに気づかないまま成長した人は多く存在します。

大人になったギフテッドは以下のような特徴を持つと言われています。

?興味や関心のあることへの熱意が高く没頭しやすい。

?物事の善悪に対して敏感で、自分はどのように行動をすべきかと常に考えている。人としての理想を高くもち、いじめや動物への虐待などに強い憤りを感じる。

?流行のものや最新のニュースに関心が持てない。世間でよいとされるものに対しても価値を見出すことができない。

?対象を人とは違った見方や受け取り方をし、問題に対しての解決手段も一般とは異なる方法をとる。

?全く違う分野同士の間に共通点を見つける。物事の問題点に気づきやすく、解決方法に従来とは違う分野の方法をもってくる。

?心の内に創造の広場をもっていて、その中に浸ることが多い。内省に多くの時間を割く。

?物事の因果関係を知りたがる。何に対しても本質を知りたがり、それを解き明かさないうちは前進することができなくなる場合もある。

?突出した能力は1つの分野だけでなく、複数の分野にわたって現れることが多い。

?絶えず高く設定した目的に向かった活動をしたがり、それがなくなると無力感に襲われる。

?まわりの人との考え方、感じ方との間に大きな隔たりを感じ、自分の考えはおかしいのか、なぜ皆と同じように感じられないかと悩む。

?新鮮な刺激に触れると情報を吸収し過ぎてしまい、身体的、精神的にひどい疲労感に襲われる。

?この先に起こる物事を予想でき、世の中にあるさまざまな仕組みについて全体像をみることができる。

?人を知ろうとするときはその人の本質を見ようとするので、社会的な地位は気にならない。逆に人間性に疑問を感じるような人が権威を振りかざしているのを見るのは辛いと感じる。

?興味のある分野、得意な分野での学習進度が驚くほど速い。その学び方も独特な方法をとる。

?一般的な考えや価値観をもち合わせていないことが多いので、集団の中にいると違和感を感じ1人で過ごすことを苦痛だと思わない。
143恋する名無しさん2019/04/23(火) 10:09:42.91
生殺与奪の権利

生殺与奪の権利(せいさつよだつのけんり)とは、他人に対して「生かす」か「殺す」かを選択できる権利のこと。俗に「相殺(そうさい)」と同様「せいさいよだつ」と読むという説もある。

国王や統治者が臣民や奴隷に対し、罰則や懲戒として裁判などを経ずに死刑を実施する様子や、その権利を掌握している影響力のこと。通常は、権力を掌握したものに同調する側近などがいる。

生殺与奪の権利を掌握するということは、特定の人物の職業上もしくは活動上の人生を成功もしくは失敗させる強い影響力を掌握していることを意味する。
具体的には、特定の人物を自分の形式的もしくは実質的な支配下に置く事により、その特定の人物の将来の人生に対して強烈な影響力を及ぼす。
また、生殺与奪の権利を掌握されるということは、自分自身の将来の人生が、自分自身の自己実現に向けた努力よりもある特定の人物の意図的な意向から強い影響力を受けることを意味する。

また、歴史的には文字通り生物学的な生殺まで掌握することがあった。たとえば西晋の大貴族石崇は来客があると美人の召使に酒を勧めさせ、客が飲まなければ召使を斬ったという(しかもこの話は当時「贅沢」として認識されていた。
興膳宏編「六朝詩人群像」大修館書店、P61)。
144恋する名無しさん2019/04/23(火) 10:16:34.47
嗜癖

嗜癖(しへき、英: Addiction、アディクション)とは、ある特定の物質や行動、人間関係を特に好む性向である。

薬物嗜癖(Drug Addiction)の用語は、異なる概念である薬物依存症と薬物乱用の定義との誤用があるため世界保健機関の専門用語から除外された。
薬物に対する嗜癖の用語は、一般的には広く用いられている。
日本の法律的な文脈では中毒という邦訳もあるが、医学的に薬物中毒とは、嗜癖ではなく過剰摂取などによって有害作用が生じている状態である。

物質嗜癖
特定の物質の摂取に関する嗜癖。酒、タバコ、乱用薬物に該当する種類の向精神薬が対象になりやすい。
アルコールなら、ダメだとわかっていても朝から酒を飲まずにおれず、酒しか楽しみがなく、肝臓が悪くなっても酒をやめない、など。
離脱症状が伴えば薬物依存症、伴わなければ薬物乱用の状態である。

行動嗜癖
特定の行動過程に執着する嗜癖。
その行動を抑えがたい欲求や衝動があり、他の娯楽を無視し、有害事象が起きてもその行動をやめない。
パチンコなどのギャンブル、ショッピング、日常的暴力、性行為などが対象となる。
「好きだから行う」という点において、強迫性障害において不快を避けるために行う強迫行為とは区別される。
ギャンブル嗜癖では、ギャンブルをやめようと思った時点ではすでに借金を負っていることも多く、このため負けた金銭を取り返せるまでやめられず結果として更に借金が膨らむ強迫化が起こりえる。

クロス・アディクション
複数の対象を持つ嗜癖。嗜癖は対象が異っても、同じ空虚感から同じようなメカニズムで発症しているので、同時に2つ以上の嗜癖が合併することがある(酒とギャンブル、薬物と性行為など)。
反社会性の強い対象へ移行しつつ(アルコール→ギャンブル→薬物)嗜癖が続くことも多い。
145恋する名無しさん2019/04/23(火) 10:27:09.22
リスキーシフト

リスキーシフト(英: risky shift)とは、社会心理学の用語で、普段は穏健な考え方をし比較的節度を守って行動することのできる人が、大勢の集団の中では、その成員が極端な言動を行ってもそれを特に気に掛けもせずに同調したり、一緒になって主張したりするようになっていくことをいう。
「集団思考」(groupthink)として知られている現象のひとつで、ストーナー(J.A.Stoner)が1961年に報告した。

これは集団の中で同時発生的にも、又、個々別々にも生じてくる。
集団の全員が、より保守的もしくはより自由主義的な立場に自分の見解を変更し、それによってそのケースでは、客観的には全く間違いとしかいいようがない集団の中での合意が形成されてしまうというものである。
つまり、個人であれば犯さないような間違いを集団の中では、次第に危険度(リスク)の高い方向に言動が傾斜していく事である。
つまり、個人が個々に質問を受ければ、そのような事は起こらないのだが、集団が集団として何らかの決定に関しての議論の経過で、性急に合意形成を図ろうとした場合に、このような事が起きやすいといわれる。

リスキーシフトは、コーシャスシフトと合わせて集団極性化現象(group polarization)と呼ばれる。
これは集団の成員の初期傾向に依って、集団の討議が、より危険の高いような決定や、もしくはより保守的な決定に傾斜していく事を言う。
これらは、インターネットの掲示板や特定の集団が、社会から孤立した状況の中で重要な合意形成を迫られている時などに起こりやすい。例えば、ネットの自殺願望を持った人達の掲示板、あるいはジョン・F・ケネディ大統領の時のキューバ危機、あるいは単純にはワンマン社長とその取り巻きの放漫経営による会社経営の破綻などが挙げられるだろう。
146恋する名無しさん2019/04/23(火) 10:37:30.36
反応性愛着障害

反応性愛着障害(反応性愛着障害、英: Reactive attachment disorder ; RAD)とは、人と目を合わせず抱きつく、養育者に近づいたり逃げたり逆らったりするなど、通常では見られない不安定で複雑な行動態様を示す愛着障害の一種である。
これらは不安定で不適切な養育によって生じるものとされており、安定した養育環境に置かれるとほとんどの場合大きく改善され、この点において発達障害とは明確に区別される。
反応性愛着障害は児童のその後に影響を与える可能性が深刻な、比較的珍しい障害として臨床文献に記載されている。
反応性アタッチメント障害ともいう。
147恋する名無しさん2019/04/23(火) 11:14:59.49
偏執病

偏執病(へんしゅうびょう、偏執症)、パラノイア(英: paranoia)は、 不安や恐怖の影響を強く受けており、他人が常に自分を批判しているという妄想を抱くものを指す。妄想性パーソナリティ障害の一種。

自らを特殊な人間であると信じたり(誇大性)、隣人に攻撃を受けている、などといった異常な妄想に囚われるが、強い妄想を抱いている、という点以外では人格や職業能力面において常人と変わらない点が特徴。

原因は主に、薬物の過剰摂取・過度のストレスなどが挙げられる。

治療のための薬物(精神安定剤等)は現段階では、データが不足しており推奨はされていない。


兆候と症状

パラノイアの一般的な症状は帰属バイアスである。患者は典型的には、現実に対して偏った認識を持っており、しばしば敵意を呈している。パラノイアらは他人の偶然の行動を、意図的もしくは脅迫的であるかのように認知する。

パラノイア集団への非臨床的調査によれば、無力さと落ち込み、孤立した自分、活動の放棄といった特徴は、より重いパラノイアを呈する者と関連しうることが分かっている。一部の研究者らは、性的欲求的、迫害的、訴訟的、高貴さなど、さまざまなパラノイアの症状に対して異なるサブタイプを作成している。

パラノイアは不審で厄介な人格特性を持つため、パラノイアらが対人関係において成功することは考えにくい。大部分のパラノイアは独身である傾向がある。

いくつかの研究によれば、パラノイアにはヒエラルキーがある。最上位階層のパラノイアは、より深刻な脅威を伴うが、最も少数である。階層の最下部に位置するのは社会的不安を持つタイプであり、最も頻繁に現れるパラノイアである。

過去には独裁者の病気とも呼ばれた。独裁者は、他人に自分の地位をはく奪される、または、暗殺される危険性と隣り合わせな為、他人を信用できなくなったからと言われている。
148恋する名無しさん2019/04/23(火) 11:16:11.40
OK牧場

【1】一緒にやっていく

I am OK ,You are OK 
(健康な立場)

【2】排除する

I am OK , You are not OK 
(偏執的・被害妄想的な立場)

【3】***からの逃避

I am not OK , You are OK 
(憂鬱な立場)

【4】行き止まり

I am not OK , You are not OK 
(不毛な立場)
149恋する名無しさん2019/04/23(火) 11:19:23.95
症状

被害妄想
挫折・侮辱・拒絶などへの過剰反応、他人への根強い猜疑心(さいぎしん)。自分は特別で何者かに監視、要注意人物と見られていると思う。

誇大妄想
超人、超越者、絶対者という存在へと発展する。

激しい攻撃性
誹謗中傷など。弱肉強食というような考えで弱者に対して攻撃的である。

自己中心的性格(ナルシシズム)
自分が世界の中心にある絶対者だと思い込んでいる。

異常な支配欲
支配欲は多数から100%に向かう。独裁者的な妄想を持つ。

悪魔主義(サタニズム)
悪魔的なものに美しさを見る。

色情パラノイア
自分は愛されているという妄想。妄想性障害の被愛型(erotomanic type)
150恋する名無しさん2019/04/23(火) 11:24:20.52
錯誤相関(さくごそうかん、英: Illusory correlation)は、相関がないデータに相関があると思い込んでしまう現象。
一般に、統計上の少数グループと稀な(一般にネガティブな)振る舞いを間違って関連付けるという形でよく見られる。
錯誤相関は、2つの変数間のリンクを過大評価する傾向があるとき発生する。
しかし、実際の相関はほとんど存在しない。これは、変数が奇妙な傾向を示したり、通常から逸脱しているために、注意を引き付けることで発生する。
これはステレオタイプが形成され持続する一因である。
David Hamilton と Terrence Rose (1980) は、ステレオタイプによって人々が特定グループと特色が結びつくことを期待するようになり、そのような相関が実際に起きる頻度を過大評価するようになることを発見した。
人々は、ステレオタイプ化されたグループとステレオタイプ的振る舞いという変数間の関係を過大評価する。

Chapman と Chapman (1971) は、この現象を精神診断的サインとの関連で研究した。その研究によると、投影テストは精神疾患の診断には不向きであるにも関わらず、テスト結果と特定の属性間に錯誤相関を持っているため、一部の心理学者はこれを使い続けている。
例えば、白紙に人物を描かせる投影テストがある。
一部の心理学者は、大きな目の人物を描く患者と偏執病との間に相関があると信じている。
そのような相関は全く存在しないが、意図的に無相関のデータを学生に示すと、心理学者が信じているのと同じ錯誤相関を見出してしまう。

このバイアスは、様々な事象の中で目立つユニークな事象によって引き起こされる。
例えば、「私が鉛筆を忘れてくると、必ずテストがある」というようなことである。
これは当人が非常に不運でない限り、錯誤相関と思われる。テストの際に何回か鉛筆を忘れた経験によって、錯誤相関が生まれる(そのような経験は強く記憶されるため、記憶の中で目立つから)。
151恋する名無しさん2019/05/03(金) 15:53:26.37
帝王学(ていおうがく)とは、王家や伝統ある家系・家柄などの特別な地位の跡継ぎに対する、幼少時から家督を継承するまでの特別教育を指す。学と名はついているが明確な定義のある学問ではなく、一般人における教育には該当しない。
152恋する名無しさん2019/05/03(金) 15:55:03.65
具体的には突き詰めたリーダーシップ論とでも言うべきものである。経営術や部下を統制する方法といった限定的なものではなく、様々な幅広い知識・経験・作法など、跡継ぎとしての人格や人間形成に到るまでをも含む全人的教育である。

また、いわゆる学校での教育という概念とは根本的に異なり、自分の家系を後世へ存続させ繁栄させる、という使命感を植えつけることを目的としている。
153恋する名無しさん2019/05/03(金) 15:56:41.92
狭義の帝王学は、生まれたときから帝王の座につく運命にある者の教育をいう。一例を挙げれば天皇がその立場にある。皇室による帝王学は、万世一系の皇統をいかに維持し次代に伝えるか、の守りにあると解釈される。

新たに何かを実践することではなく、あくまで伝統を踏襲するものである。〜せよではなく、〜してはいけないといういわば“守成”を重んじた帝王学である。もちろん、歴史や伝統の違いによって、そうではない帝王学も世界には存在すると思われる。

第59代宇多天皇は、皇太子(のちの醍醐天皇)に帝王の心得として「寛平御遺誡」というものを遺しているが、それには、次のような項目が見られる。

・賞罰を明らかにし、愛憎をふりまわすことなかれ。
・皆に公平に、好悪に偏るべきでない。
・万事について惑溺して度を過ごしてはいけない。
・天子たるもの喜怒を慎み、表情にだしてはいけない。等々

なお、上のような王家・宮廷などでの“帝王学”のほかに、現代では政治家や企業家の2世、もしくは次期指導者に対して“帝王学”が施される場合もある。権力・財力を持った者がその力を自覚し、維持しつつ正当に行使するための、さまざまな行動・表現のノウハウといったものが考えられる。

©Kabubank お問い合わせ/削除依頼